BlogKanakoとロシアンブルー福ちゃんの気まま日記

小笠原2

2011.08.18

今回、私が出逢った小笠原の海を少し…
_mg_87262

父島から船で2時間。 母島(丸島裏)の、無数のアイゴの幼魚たち。
風に吹かれて落ち葉が舞い踊っているような、美しくて見飽きる事のない景色でした。
今夏は、過去にない程に群れが膨れているそうで
彼らがこのまま成魚になれば、もの凄い迫力です。

_mg_86321

父島(タコ穴)ダイビング後、浮上すると水面にはガラス細工のような
可愛いコたちがいっぱい浮かんでいました。 ぷしゅんw

p8092918
海中に含まれるリンと窒素が少ないから故のブルー。
誰からともなく「ボニンブルー」と呼ばれるようになって、まだ十数年足らずだそうですが
“本当の”ボニンブルーに染まるには条件があり、今年は数日しか見られなかったそうです。
それを見てみたい。 

また知りたい場所が増え、世界がちょっぴり広く 深くなりました。